長い寿命

きれいな歯

歯が1本ないだけで人間には様々な問題が生じます。
その中の一つが食事を美味しくいただけないということです。
食事をするには咀嚼をしますが、歯がないとうまく物を噛み砕くことができません。
1本ないだけなら大したことないと思われますが、歯を1本失うと他の歯のバランスが崩れで歯並びがガタガタになってしまいます。
歯並びが悪いと、これもまた咀嚼に影響してしまうでしょう。
更に歯の隙間に食べカスがつまりやすく、尚且つ歯磨きがうまくできないということで虫歯の原因にもなります。
そのため歯を1本でも失くしたら、その隙間を埋めるための適切な歯科治療を施すことがすすめされています。
そこで用いられる治療が、歯科インプラントです。

インプラントは人口歯根を骨に埋め込んでしまうことから安定感があり、天然歯と同じ機能を取り戻すことができます。
そのため多くの患者さんに選ばれているのですが、インプラントは治療しておわりではありません。
まず治療を成功させること、そして定期的なメンテナンスをしていくことが求められています。
インプラント自体は虫歯など引き起こすことはありませんが、残存する両隣の歯への影響はないか、歯周病を引き起こしていないか、人工歯を装着したネジがゆるんでしまってはいないかなどを定期的に確認していかなくてはなりません。
メンテナンスを受けて、初めて生涯使える歯となるでしょう。
メンテは1年に1~2回ですので、負担に感じるほどではありません。