注意点を把握する

歯科医

病気や怪我などで歯が抜けてしまったという人は意外と少なくありません。
抜けた歯は放置しても構いませんが、ただ、歯がゆがみ歯並びが悪くなってしまいます。
すると見た目が悪いのはもちろんのこと、虫歯や歯周病などを引き起こす原因にもなりますので、きちんと治療をしたほうがいいでしょう。
抜けた歯の治療は、その隙間を人工歯で埋めるというものです。
例えば入れ歯をはめる、ブリッジをかけるなどがありますが、高い治療効果を期待するのならおすすめされるのはインプラントでしょう。
インプラントは単純に歯の隙間を埋めるだけではなく、骨に直接インプラントを差し込むため、天然歯と同じ効果が得られる人工歯が作れるのが大きな特徴です。

抜けた歯の治療としては高度な技術を有するため費用も安いとは言えません。
また、審美性が高いということから審美歯科扱いになり、健康保険適用外の歯科治療となっています。
そもそも健康保険は生活上に支障をきたさない程度の治療を行うものとしており、審美性は必要な治療とは考えられていません。
よって保険が使えないのです。
さて、保険適用外ということはいくらかかるのか気になるところですが、インプラント1本で約30万円が相場とされています。
治療を行う医療機関全体で見るとインプラント1本で10万円~50万円程の差額が生じていますが、これは使用する素材や治療方針などで異なるため、一概に安いから悪い高いから良いというわけでもありません。