歯並びを矯正する

歯磨き準備

インプラント言えば、大勢の人が真っ先に歯の治療を思い浮かべるでしょう。
間違いではありませんが、実際は歯の治療に用いるのは歯科インプラントと言い歯がなくなった場合に埋め込む人工歯根もその一つでしかありません。
では、インプラントとは何なのでしょうか。
それは、人工歯根も含め体内に埋め込むタイプの医療機器や材料の総称です。
例えば、心臓のペースメーカーや豊胸手術などの際に体内に入れるシリコンや、人口関節などいずれもインプラントです。
治療法は、虫歯や歯周病等により歯が失われた場合、歯のない部位に医療機材を埋め込みそこに義歯をつける治療です。
この治療は、1本の歯がないい場合から全ての歯がない場合まで可能な治療方法です。

インプラントの材料として使われているのは主に、チタンやチタン合金です。
強度があり、生体親和性が高く、骨と結合することから主材料として使われています。
では、その利点ですが義歯をしっかり固定でき、残っている歯を削ったり残っている歯に装置をつけたりしなくて済みます。
その為残っている歯に負担をかけずに治療ができます。
逆に欠点は、1番大きいのは治療費が高額になることです。
それに埋め込む為に手術を受けないといけない為体の状態が良くないと治療が困難ということです。
さらに埋め込み予定の場所に骨が十分存在しない場合も治療が困難です。
また、天然の歯に比べ感染に弱いことも欠点です。
費用については、最近では一部場合には健康保険が適用されますが、基本的に健康保険が適用されない為、残額自己負担しなければなりません。
インプラント治療は、歯の治療において優れた治療であることは間違いないので、全ての場合に健康保険が適用されればもっと普及するでしょう。